Loading

壁面緑化で温暖化対策!

壁面緑化とは、読んで字のごとく「構造物の壁面を緑化する」ことを言います。庭などの緑化スペースを確保することが難しい都心部などで特に注目を集めていますが、「見た目がお洒落」という理由から郊外の店舗や一般住宅などでも積極的に採用されるケースも増えていますね。そもそも壁面緑化にはどのような効果があるのでしょうか。まず最初に、壁面を緑化することで太陽光が直接構造物に当たるのを防ぐ役割があります。これにより構造物の温度上昇を抑え、また紫外線による構造物の劣化を防ぐメリットがあります。また、植物の蒸散作用によって周囲の温度が下げられるので、ヒートアイランド現象など温暖化対策にも効果がありますね。周囲の温度が下がればエアコン効率も上がるので、電気代の節約につながります。

初心者でもできる!壁面緑化を楽しもう!

壁面緑化というと何やら大掛かりな工事が必要なイメージもありますが、実際は素人の方でもご自分で緑化していることも多いですよ。要は壁面に植物があれば良いわけですから、壁に沿わせて植物をハンギングするだけでも立派な壁面緑化と言えますよね。また、真夏の日差しを遮るグリーンカーテンが目的でゴーヤなどがよく栽培されていますが、これには日差しを遮る、収穫できるという2つの楽しみがあります。栽培も特に難しくないので初心者の方にはおススメですね。ほかにはアサガオなどツル性の植物なら支柱に絡まってぐんぐん壁を登っていくので、壁面緑化に適していますよ。気根と呼ばれる根っこを壁面に食い込ませて広がっていくツタ系の植物は、放っておくとどんどん成長していくので、定期的なお手入れが必須となります。

壁面緑化に用いる植物は蔓や枝が長く伸びやすいので、こまめに水を与えて成長を促進させるのが枯れるのを防ぐ工夫になります。また、虫食いや病気に感染した部分は取り除くのも長持ちさせるための条件です。

Top