Loading

ケースと風防のお手入れについて

機械式時計でメンテナンスが必要な箇所として、風防があります。風防は時計本体のアクリルやガラスの覆いのことであり、少しの汚れであればメガネ拭きやセーム皮などで優しく拭き取ることで掃除することが可能です。水を使ってしまうとケース内に水分が入り込んでしまい、錆びの原因となるので注意しましょう。

生活防水機能が搭載されている時計でも、古いものはパッキンが劣化していることがあるのでなるべく水を使わないことをおすすめします。汗を流した後も乾拭きして、日ごろから乾燥した場所で保管すると安心です。アクリルでできた風防の場合、小さい傷がつきやすいので歯磨き粉などを使って磨くと綺麗にすることができます。

ベルトを綺麗にするためのポイント

時計のベルトにはいくつかの種類があるので、材質によって適切なお手入れができるようになりましょう。まず金属製の場合は垢や皮脂がコマの間に入りこみやすく、普段の生活で擦り傷ができてしまうことがあります。垢や皮脂は時計本体からベルトを分けた後で、中性洗剤を使って洗いましょう。超音波洗浄機などを利用すると綺麗に汚れを落とすことが可能です。擦り傷は軽いものであれば専用の磨き剤などを使うと磨けますが、傷が深い場合は無理せずに時計店に対処してもらいましょう。

次に皮革タイプのベルトは毎日同じものを使わないことが重要です。1日使ったらカビが生えやすいので、湿度が低いところでしばらく休ませましょう。表面が乾燥しすぎていると感じたら、クリームで保革するとよいです。

高級腕時計ブランドのひとつであるグランドセイコーは、部品生産から組み立てまで日本国内で作られており、シンプルで普遍的なデザインはフォーマル・カジュアルどちらにも合わせることができます。

Top