Loading

腕時計はファッションの一部

従来腕時計をしていた人も、携帯電話やスマートフォンがあれば、必要な時にいつでも時間を調べる事が出来るため、腕時計をしなくなったと言う人も多いのではないでしょうか。

右利きの人は右腕に腕時計をして、時刻を調べる時には腕を顔の前に持ってくればすぐに時間を把握出来るなどのメリットもありますが、腕時計に変わる携帯端末の登場で腕時計をしない人も増えています。

しかし、腕時計は時間を調べる道具だけではなく、ファッションの一部として摂られる事が出来ます。

洋服の色やデザインに合わせて腕時計を選びたい時など、ブランド時計がファッションの一部になってくれます。

腕時計はベルトにもこだわりたい

腕時計は腕にはめる道具であり、ムーブメント本体には金属製のベルトや革製のベルトが付いています。

金属製のベルトには金色や銀色などの種類がありますし、革製のベルトの場合には合成革や本革などの種類があります。

合成革は人工的に作ったもので天然の布地に、合成樹脂を塗布してあります。

これに対して、本革の場合は動物などの皮を使っているなどの違いを持っており、合成革よりも本革の方が希少価値が高いため、値段についても高価になります。

尚、本革は金属製ベルトや合成ベルトにはない、使い込むほど味が出て来る魅力がある事からも、ベルトにもこだわりたい人からの人気を集めています。

使い終えた後は軽く汗などの汚れを拭きとりましょう

腕時計は肌に直接身に付ける道具です。

汗により臭いや汚れが付着しやすため、自宅に帰った時にはムーブメントの裏ぶたやベルトなどに付着している汚れを拭き取っておくのがお勧めです。

スイスの時計メーカーであるIWC。洗練された魅力的なラインなので、世界中に多くのファンを獲得しています。

Top