Loading

クオーツ時計と機械式時計

時計には動く仕組みとしてクオーツ時計と機械式時計に分けられます。クオーツ時計とは電池と電子回路によって動く仕組みの時計を言います。電池が続く限り正確に動くので、最も普及しているタイプの時計です。技術の進歩や大量生産によって価格も大幅に下がり、安く高品質の時間がずれにくいという特徴を持ったクオーツ時計が販売されています。これに対して機械式時計というのは、ゼンマイの力によって動くタイプの時計で数百年の歴史を持つタイプです。電池のような技術のなかった時代から、時間を知る手段として機械式時計が生産されていました。その特徴としてゼンマイをまいて動かすため二日前後で止まってしまうという点があります。また複雑な歯車などを用いるので熟練した技術者でないと作れない時計でもあります。

どっちが優れているの?

機能を比較すれば、断然クオーツ時計のほうが圧倒的に優れています。電池が持つ限り正確な時刻をしめして何年も動き続けます。またソーラーシステムを用いて電池交換不要のクオーツ時計もあるなど、耐久性は機械式時計よりも大きくすぐれています。さらに電波時計タイプなら、時刻が常に正しい時刻を指す機能があり、クオーツ時計は今もなお進歩しています。これに対して機械式時計は、時刻がずれてしまったり、すぐに止まるので、そのたびにゼンマイをまかないといけません。しかし高級時計として販売されているブランド時計として、機械式時計は今なお人気を集めています。何十万円もする時計は機械式のものが多く見られ、伝統技術を使った工芸品として芸術性あふれる品として愛されています。機械式時計は、いわばステータスシンボルとして存在し続けているのです。

ドイツ系スイス人によって1860年に設立された高級時計メーカー、タグホイヤーの特徴はスポーツウォッチの開発を得意としていることです。

Top