Loading

まずはどんな大きさの犬にするか決めよう!

犬を飼いたいと思っても、たくさんの種類の犬がいて、大きさも様々です。なのでまず始めに飼う犬の大きさを決めると、選択肢が大幅に減ってきます。例えば小型犬や中型犬は室内でも飼いやすく、運動量も多くないためお散歩もしやすいです。一方で大型犬は室内でも飼えますが、運動量は多く、引っ張る力も強いためしっかりとしつけをしなければいけません。これらのように飼いやすさや飼う場所などを先に考えて、犬の大きさを考えるようにしましょう。

男の子か女の子どちらにする?

犬も人間と同様、それぞれ異なる性格を持っています。また男の子と女の子とでも、性格が違ってきます。男の子は女の子よりも縄張り意識が強く、警戒心が強い子が多いようです。反対に女の子は警戒心が弱く、人懐っこい子が多いようです。また体力面においても差があり、男の子の方がたくさんの運動が必要になります。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭で飼う場合は、人懐っこくて比較的穏やかな性格を持つ女の子がおすすめです。

毛のタイプで選ぼう!

犬の種類によって髪の毛の長い犬から短い犬まで様々です。髪の毛が長いと、抜ける量も多く部屋には多くの髪の毛が舞ってしまう可能性があります。またもつれる場合もあるため、やはりブラッシングでしっかりと手入れしてあげないといけません。そういった時間がないという方には、短くて手入れが必要のない髪の毛の犬を選ぶといいでしょう。また小さなお子様がいらっしゃる場合は、食べ物などに毛が入る心配もあるため注意が必要になってきます。

自分に合うペットを探すためには多くのペットと出会うことが大切です。そのためペットショップなら東京都へいくと良いです。

Top